カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

結城純

Author:結城純
映画の感想だけでなく、少しでも笑ってもらえるレビューを目指して更新してます(´-`)b
気に入っていただければ恐悦至極(; ̄ー ̄

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ちゃうねんどっとこむ
結城の日記&映画レビューサイト
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
レビュー:落下の王国 
2008/09/13 【Sat】 00:15
CATEGORY【映画レビュー】
前回のレビューはスカイ・クロラでした(*´-`)
前々回のレビューはデトロイト・メタル・シティ(漫画原作)(´-`)b
その前は空の境界 第五章(´・ω・`)
さらに前はスター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(3DCGアニメ)( ´∀`)
さらにさかのぼるとダークナイト(アメコミ原作)(' x `*)
もう1回だけさかのぼっても攻殻機動隊2.0・゚・(ノД`)・゚・。

いくらさかのぼってもアニメか漫画原作映画しかでてこねぇぇぇぇぇ(|||ノ`□´)ノオオオオォォォォォォ-

今こそ自分はそう、マイナーだけど独特な雰囲気のあるパンズ・ラビリンスのような映画に飢えている!(゚Д゚)

というわけで、 スタントの失敗で大怪我を負い、さらに恋人を主演俳優に取られ失恋のどん底で自殺志望の身動きの取れないスタントマンの青年が、人懐っこいょぅι゛ょをおとぎ話で操って、「続きを聞きたければ薬(自殺用)を持ってきて(*'-')」と要求する中々凝った設定の映画、『落下の王国』観て来ました~ヽ(´∀`)ノ

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

いやー、パンズラビリンスでもそうですが、この映画もやっぱょぅι゛ょがいいですなっ!(マテw


というわけで、構想26年!撮影4年! そして制作費はすべて監督の自費!というかなりKIAIの入った映画で、さらに見所はCGを使わずに世界中の世界遺産でのロケ実施の映像美ということで、かなり期待していきましたが、まぁまぁ当りでした(´-`)b

何といってもおとぎ話の風景が秀逸です(*´-`)
青い空、どこまでも続く広大な砂漠、青く広大な海のど真ん中の浮かぶ孤島、万里の長城、ピラミッド、ETC、ETC…
大画面で観る価値ありです!

でも、ストーリーは前半部分がやや冗長っぽ(;´Д`)
おとぎ話のディテールを語る展開が続いて、ただの親切な青年が入院してるょぅι゛ょの退屈しのぎにお話ししてあげてるだけに見えてしまうのが難点でなかなか最初に書いた設定が見えてこないです(' x `*)

と、前半部分はやや退屈でしたが、後半の人形アニメーションのシーンが非常にシュールすぎでよろしい(´-`)b
いや、もうこのシーンは大絶賛ですねヽ(´ー`)ノ
このシーンのためだけにこの映画観てもいいくらいにw
そして、このシーンの前後の怒涛の展開はハンカチをご用意くださいってくらい泣けますねぇ・゚・(ノД`)・゚・。

自殺に失敗して自棄になる主人公に、自殺のための薬とは知らず一所懸命薬を持っていこうとするアレクサンドリア(ょぅι゛ょ)のすれ違いとか!
おとぎ話のクライマックスで次々と死んでいく登場人物を語る主人公に悲痛な叫びで「殺さないで」=「自殺しないで」と訴えるアレクサンドリアとか!!
もうその純真な演技に心打たれます(つд`)

そして、ラストについてですが、以下ネタバレ全開なんでこれから観にいくつもりの人は鑑賞後に~~







ってことで、ラストですが最初観た時は、構想26年にしてはやけにあっさりとした感動の薄いハッピーエンドだなぁ(;´Д`)
と思ってたんです。
退院後、主人公とアレクサンドリアは特に再会することもなく、アレクサンドリア視点で淡々と主人公が自殺をせずにスタントマンとして映画の中で活躍してるってのを語って、スタントしたシーンを流してるだけなんで。

が、後で気付きましたがこれって観る人によってエンドをいかようにも解釈できるラストなんですね(`・ω・´)
まず主人公の怪我ですが、これが治るものなのかは劇中では一切触れられてないのが1点。
何となく治らないことを暗示してるシーンがあるのみなんですね。

そして、わずか5歳のアレクサンドリアがスタントマンとして活躍する主人公を本当に見分けられるのか!?ってことがもう1点。
舞台が1915年なんで映画の映像は白黒で映りが悪く、コマもカクカク。そして、スタントなんて顔が映ることもほとんどないんです。
ってことは、これはアレクサンドリアが母親から主人公はスタントマンとして今も活躍してるって話を鵜呑みにして、そう思い込んでいるだけって可能性も十分あるわけです(´・ω・`)
事実アレクサンドリア退院以後は主人公はまったく出てきてませんからねぇ。
パンフにはラストのアレクサンドリアが主人公を観たとされる映画のスタントシーンの数々ですが、ほとんどが既存の映画から拝借されたものであることを明かしてます。
当然そこに主人公が映ってるわけないですねぇ(つд`)

が、実は新規で作った映像も少し混ぜてるそうです。
そこにはもしかしたら主人公が映ってるのかもしれません・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*


ラストで主人公のロイが見えるか見えないか、それは是非映画を観て自分なりの答えを出してください(*´ー`)ノシ


スポンサーサイト

テーマ:ミニシアター系映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chaunen.blog59.fc2.com/tb.php/69-014df7d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。