カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

結城純

Author:結城純
映画の感想だけでなく、少しでも笑ってもらえるレビューを目指して更新してます(´-`)b
気に入っていただければ恐悦至極(; ̄ー ̄

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ちゃうねんどっとこむ
結城の日記&映画レビューサイト
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
レビュー:ベクシル 2077 日本鎖国 
2007/08/19 【Sun】 20:18
CATEGORY【映画レビュー】
お待たせしました! 辛口批評が帰ってきた(゚Д゚)(ぉ

というわけで、今回叩く批評するのはベクシル 2077 日本鎖国デス!

今回監督はアップルシードのプロデューサーの曽利文彦で、オリジナルストーリーによる完全3DCGアニメ映画!
しかも、2067年、日本はハイテク技術を駆使し、すべてをシャットアウトした完全なる鎖国をスタート。そして謎のベールに包まれたまま10年が経過した2077年、米国特殊部隊SWORD所属の女性兵士・ベクシルは日本への潜入作戦を実行。そこでベクシルが目にしたものとは……!?と、非常に凝った設定!
これは期待(´-`)b

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

して観に行きましたが、大ハズレ_| ̄|○

まず3DCGですが、最初の30分くらいの戦闘シーンは凝ったモデリングのパワードスーツやロボットを使った戦いが繰り広げられて中々魅せてくれました。
が、なんか重量感が感じられなくて、よくできたフィギュアを使ったアニメーションのような迫力不足で、ちょっと不満(' x `*)

が、後半になればそんな不満も解消されます(´-`)b
余りのストーリーのダメダメっぷり、感情移入できないペラッペラなキャラ、説明不足でリアリティの欠片もない設定のおかげですが_| ̄|○
もうCGがどうのこうの言うレヴェルぢゃないデキですねぇ(' x `*)
ストーリーがダメダメでもCGでロボの戦いを魅せきったトランスフォーマーとは対極にある映画かと(;´Д`)

声優も例によって有名人起用で余り上手くない人が揃ったというか、敵の幹部役の有名声優の大塚明夫さんが一人上手すぎて存在感があったというか(;´Д`)

この敵の幹部にしても最初に要人の暗殺とか重要な仕事やってる割には、主人公達が日本に潜入した時に国境までわざわざ出向いて自ら指揮したり、取り逃がした主人公をわざわざ街中に自分で捕まえに行ったりと「ひょっとしてこの人、暇人?(;´Д`)」ってくらい出番が多いです(;´-`)
てか、そんな仕事部下に任せろよ(´・ω・`)

と、他にも突っ込みどころ多いですが、キリがないので止めときます(^^ゞ

もうこうなったらジョン・ウー プロデュースのきっとデュナン達が二丁拳銃で活躍して、最後に鳩が飛ぶアップルシード エクスマキナに期待するしかw


スポンサーサイト

テーマ:ベクシル 2077日本鎖国 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chaunen.blog59.fc2.com/tb.php/40-9cfa5d0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。