カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

結城純

Author:結城純
映画の感想だけでなく、少しでも笑ってもらえるレビューを目指して更新してます(´-`)b
気に入っていただければ恐悦至極(; ̄ー ̄

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ちゃうねんどっとこむ
結城の日記&映画レビューサイト
スポンサーサイト 
--/--/-- 【--】 --:--
CATEGORY【スポンサー広告】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

|
レビュー:ハチミツとクローバー 
2006/07/30 【Sun】 17:08
CATEGORY【映画レビュー】
前回サイレント・ヒルを観に行ったきっかけは、映画のレビューを見て原作の魅力を活かした良作との呼び声が高かったからです(*´-`)
つまりハズレの映画を観ないコツは、映画のレビューで評価が高い映画を観ることですね(´-`)b

というわけで、今度は原作の良さを損なわずに仕上げた良作と評価も高い『ハチミツとクローバー』観に行ってきました~ヽ(´∀`)ノ

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・

外しました_| ̄|○(マテw


以下、ネタバレ含むので注意です(^^;

まず、漫画から実写になってのキャラクターの再現度について(*'-')

はぐみ役の蒼井優さんですが、すごく(・∀・)イイですねぇ。
漫画のままといってもいいくらいのなりきりです(´-`)b
ただ絵を描く際のヘッドホンは余計かと(' x `*) 何か浮いてる小道具です(;´Д`)
あとは身長をあと1㍍くらい縮めて欲しかったですネ(゚Д゚)(無理w


で、山田役の関めぐみさんも、かなり(・∀・)イイです。
暴力的なところとか、料理が下手なところとかは削られてますが、それでも山田らしさがきちんと出てます(´-`)b
でも陶芸科の生徒なのに何故か子供の絵画教室やってるのが謎です(;´Д`)


男性陣では、竹本役の櫻井翔さんも嵐の中の人にしてはがんばってました。
ちょっと演技が下手なとこもありましたが、竹本らしさが出てます(´-`)b
でもハチクロで人気の高い自分探しの旅をわずか1晩で終了してしまうのはどうかと(;´Д`)


で、問題なのが森田役のキャシャーン伊勢谷友介さん。
お金の執着するところとか、予測のつかない行動をするギャグなところをごっそり削った結果、ただの自己中でワイルドな兄ちゃんになってます(;´Д`)
Yahooのレビューで原作好きな人はかなり叩いてます(;´`)
まぁ、私は許容範囲かなぁ。

で、大問題なのが真山役の加瀬亮さん。
原作では理花に一途に恋しつつ、竹本にとっては良き兄貴って感じの役どころが、映画では真性のストーカーでネクラの引きこもりになってますΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
はぐ・竹本・森田の三角関係がメインのストーリーなので、真山・山田のエピソードがごっそり削られたとしても、これは酷すぎ(;´Д`)
原作で真山が一番好きな人には絶対お奨めできない映画となってます(;´`)

というわけで、真山ネタで少し叩いておくと・・・w

まず山田さんをふる際のセリフ 「お前が他の男探した方が全然早いよ」ですが、このセリフの時点で山田が真山を好きというのは唯一山田のナレーションのセリフからのみ。
一方真山はストーカーでネクラの引きこもりなところしか描かれてないため、

何この男、自意識過剰なこと言ってやがんの?(;´Д`)

って感じで、原作の名シーン台無しです(' x `*)

他にも、真山が原田事務所に復帰する際に理花に言うセリフ 「いいんです。傷つけても…傷つきませんから」。
原作では理花がピンチになった際、勤めてた大きな事務所を辞めて復帰する非常にかっこいいシーンです。
が、映画版では、「小さな事務所に恋愛感情持ち込まれるのはちょっと(;´`)」と、理花にクビにされた後、うだうだとストーカー続けていたところ、山田に引っ張られて原田事務所に戻ってのセリフとなってるため、

全然説得力ねぇょ(;´Д`)

って感じで、原作の名シーン台無し その2です(' x `*)


さらに、真山におんぶされての泣きながらの山田の告白のシーン。
原作では告白の前に真山が山田をどう想ってるのかを告白するので、その繋がりとして名シーンでした。
が、映画では事前の真山のセリフが全部カットされてるので・・・

唐突すぎてわけわからねぇ(;´Д`)

なシーンになってて、原作の名シーン台無し その3です(' x `*)


無理に原作の名シーン組み込もうとしたのがまづかった模様(´・ω・`)
と、真山絡みで批判しましたが、どれも短いシーンなので原作知らない人にとってはスルーしても無問題ですな(*´-`) (ぉ

で、メインのはぐ・竹本・森田の三角関係ですが、原作のエピソードを多少アレンジしながら(温泉旅行が海旅行になったり)オリジナルの展開をしていきますが、ストーリーとしても破綻なく、キャラクターの心情も共感は持てるようにできており、多少の説明不足や弱い点もありますが納得できるものに仕上がってます。

ただ、それで面白くなるかというと、それはまた別の話(;´`)

原作はシリアスなシーンで感動させつつ、随所にギャグをはさんで軽快なテンポで進みますが、映画ではギャグは全部削ってるため、テンポが悪くダラダラ2時間続くこっぱずかしい青春ドラマで終わってしまってます。
ぶっちゃけ映画じゃなくてTVドラマでも十分な出来_| ̄|○

まぁ、原作好きな人でも評価してる人はたくさんいるので気になる人は観に行くのもいいのかも?
私はお奨めしませんw

スポンサーサイト

テーマ:ハチミツとクローバー - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chaunen.blog59.fc2.com/tb.php/20-0399c456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。